アドセンスについて

アドセンスについて

アドセンスで稼ぐには、アドセンスを知らなくてはならないですね。

でも、私がお話することよりもアドセンスのサイトを熟読する方が正確に理解出来ますよね。

じゃあ、何でまたこんな事を書き出すのでしょうか?

アドセンスは、どういったサービスなのか?

愚問でしたね 笑

平たく言えば、Google広告の下請けですね。

ほんと、わかりやすいですが、そのモノズバリの表現です。

しかし、一般的なサイトアフィリエイトを行うよりも参加することは容易ですし、収益も生み出しやすいです。

システムは、世界のGoogleだから安心

アドセンスのシステムと、広告のシステムは似て異なる関係です。

広告のシステムは、検索キーワードによって魅力的な広告文言が表示されることで、広告主様の方にアクセスを送るスタイルです。

しかし、アドセンスはサイトの閲覧者の趣味趣向にも影響を受けています。

それは、閲覧者がよく見るサイトや検索ワードなどを記憶しており、興味のある広告も表示させることから、サイトに関連する内容の広告以外にも閲覧者の興味がある広告を表示させるためにクリック率が上がります。

つまり、今見ているサイトの内容以外の関連性の少い広告が表示されるわけですが、閲覧者が以前に見たサイトや趣味趣向に関連する広告を表示させる機能があります。

つまり、閲覧している方の行動パターンがバレてるわけですね。

これは、アドセンスを掲載しているメディア側に取っても有益な機能ですよね。

今のサイトに飽きて、違うサイトに進む出口が広告であるからです。

素晴らしい機能ですね。

アドセンスがしっかりクリックされる仕組みがなんとなく理解出来ると思います。

これは、広告主にとっても都合の良い仕組みですので広告掲載の範囲を検索結果だけに留めないで、提携サイトにも表示することを設定しています。

そうです、あなたのサイトは提携サイトになるのです。

つまり、Google 広告の下請けさんという事になります。

登録して審査を受けなければ下請けになれない

下請けと言っても、結構手続きが大変です。つまり、厳しい審査があるのです。

この審査は、2016年の夏に改定されて厳しくなりました。

私は、それよりもかなり古くから掲載しているために、この審査を受けたことがありません。

でも、新規サイトの追加を申請した際にその厳しさを感じました。

つまり、コンテンツが少い場合は、審査を通してくれないのです。

私が少いと言ってるのは、3ページです。笑 実は、掲載を開始してからコンテンツを増やしていけば問題ないと思っていたからです。

先に審査を受けたためにポリシーを確認して再度申請してくださいと言われました。

言われたといっても、管理画面に表示されていたので口頭でキツイことを言われたのではありませんので安心してくださいね。

さて、審査について少しお話したいと思います。

アドセンスには審査があります

実は、アドセンスの審査はそれほど厳しく無いと思います。

このサイトで勉強してくれているのであれば、いちばん重要なことを理解できていると思います。

そうですね、サイトの情報量とクオリティですね。

それが、満たされていればほとんどクリアします。では、どの部分で引っかかるのでしょうか?

経験のある人でない限り理解が困難なワードがしばしば出てきます。

最初で躓く人も居ます。

広告のリンクコードを全てのページのheaderの中に埋め込むんですって。

一見何のお事ですか?って感じられる人も少なくないはずです。

このリンクコードを貼り付けできない場合は、審査がスタートされませんのでとても重要です。

技術的にも難しいレベルではないのですが、Wordpressの仕組みを理解できていないと少し戸惑いますので、別の記事でお話しするようにします。

次は、広告のタグを取得してページに貼り付けします。これが、広告になります。と、まあ分かりやすいようでわかりにくい言葉ではあります。

これも、技術的なことなのでなんとか解決できる範囲です。

客観的に拒絶される部分がわかりにくい場合

アドセンスのポリシーでは、反社会的な内容など不適切なサイトということで掲載できないこともありますが、詳しくアドセンスのポリシーのページに記載されているので読めば理解できる範囲です。

しかし、客観的に測れない部分があります。それは、コンテンツの充実を測られる事です。

つまり、サイトとしての情報量が多いか少いかなどの尺度です。何ページ必要なのかは、闇の中かもしれないです。

でも、私が推奨しているページ数で文字数もクリアしていると問題はないと考えます。

もし、審査が通らないことについて確認する問い合わせ先もありますので万が一のときはアドバイスを貰うことができます。

アドセンスで、月10万円を稼ぐ

アドセンスで月に5,000円をまず目指そう。

アドセンスで月に5,000円を稼ぐと言ってもどうなったら5,000円になるのでしょうか?

実際この説明をするのはめんどくさいですね。

なぜなら、私はこのサイトの目的を「思考を学んでもらい、やる気になってもらうことで、自信を持って歩み出せるようにすること」だからです。

でも、見出しにあるので話しますのでサラッと知っておいてください。

5,000円は、1クリック5円の広告を1,000回クリックされれば報酬として受け取れます。

1クリック50円なら、100回です。そう、小学生でもわかることですね。

じゃあ、1クリック生み出すためにはどれくらいの広告を見せる必要があるのでしょうか?

はい、500回くらいですね。つまり0.2% では、5,000円にするには何回表示すればいいでしょうか?

5000円={表示回数xクリック率0.2%}x単価50円

表示回数は、50,000回です。一ヶ月の表示が5万回にすればとにかくこんな感じになります。

計算は、イメージです。単価も違えばクリック率も違ってきます。

いい話をするのではありませんが、2%のクリック率になれば10倍儲かります。

私の方でも、1.5%〜0.4%くらいの実績です。

もっと率の高いコンテンツもあれば低い場合もあります。

私は、低いかもしれないですが安定して継続収益になるコンテンツを持っていますのでこれで良いと思っております。

とにかく、アドセンスで月に5,000円稼ぐには5万回表示させる事ができれば良いとざっくり考えてください。それを10万円にしたのなら20倍して行けば良いのです。非常に簡単です。

つまり、何が言いたいのかと言うと・・・

小さい目標を掲げて、しっかりクリアしていく事が大事なのです。

達成できそうにもないような、「ほったらかしで、毎月300万円稼ぐ!」
と、いうような夢のようなことは、目標ではありません。

妄想です。おしまい 笑

半年後には、5,000円をクリアして。その半年後には毎月15,000円にする。

そしてまた半年後には、25,000円にする。

そういった成長を体感できるように気持ちを置くことが大事です。

成長です。

だから、5,000円という小さい話をしています。

これをバカにしたり理解出来ない人は、きっと10万円にすることはないでしょう。

これまでも多くの人が稼げずに終わって消えていきます。

能力が無いのではありません、きっと手段とマインドの置き方が良くなかったのだと思われます。

マインドの置き方には、情報商材を買うことで成功する自分をイメージして行動しないのも含みますね。笑

もう一つ重要なことに、本業があるから疎かにする場合があります。

わかります。十分理解できますよ。

でも、これは、将来資産になるであろうお話をしていますので小遣い稼ぎのイメージから一歩上を見てください。

ほら、見出しだけ読んで流しているとこういった大切な部分を端折ってしまいますので、全部読むように習慣付けしましょうね。

じゃあ、マインドはわかったからどれくらいの文字数で、ページ数があれば良いの?って気になりますよね。それは、次のところでお話します。

ですよね